TOP > 八戸缶詰企業グループ概要 > ごあいさつ


 八戸缶詰株式会社は前身の三星商店から昭和30年に商業変更し、八戸港に揚がるサバを使って缶詰の製造を始めました。 その後、冷凍食品やチルド食品など加工製品が増え、平成になってからは水産物だけではなく農畜産物の製品も扱うようになり水産食品業から総合食品業へ移行しつつあります。
その間、日本水産株式会社様とのOEM事業や各工場を子会社にしてのブランド作りを開始して、決して平坦な道のりではありませんでしたがここまで成長してまいりました。
 これからも「学ぶ組織」作りを進めながら、新しい付加価値を目指して開発から製造、販売に至るまで企業グループ各社の個性がスクラムを組み、新しい食文化を創造してまいります。













 リクルート情報 | プライバシーポリシー |